オーバーホールするタイミング

ダイビング器材のオーバーホールについて
100ダイブに1回または1年に1回どちらか早いタイミングで実施することを推奨しています。

使用頻度、保管状態によってはもっと早いタイミングでオーバーホールが必要な場合もあります。

セルフチェックできる箇所は定期的に確認してください。
下の写真はレギュレーター1STのフィルターです。

ダストキャップを外してのぞいてみてください。
あなたの器材は大丈夫ですか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました