フリーフローの要因

スポンサーリンク

マウスピース付近のレバーの向き

「ちゃんと整備している器材なのにフリーフローしやすい」
という場合、セカンドステージのマウスピース付近にあるレバーの向きをご確認ください。

『+』(DIVE、MAX)にセットした時、
レギュレーターはベンチュリ効果を最大に発揮します。
ベンチュリ効果を最大にするとマウスピース側に勢いよく空気が流れ込みます。
大深度潜水や運動量の多いダイビングにおいて、楽に呼吸するための機能です。

通常のダイビングにおいては『-』(PREDIVE、MIN)にセットしてください。
『-』にセットされていてもレギュレーターは十分な性能を発揮します。

スポンサーリンク

整備していなくてフリーフローする

整備していない場合のフリーフローは内部の部品に原因があります。
直ちにご使用を中止しオーバーホールをご依頼ください。

オーバーホールについて
ダイビング器材のオーバーホール詳細は下記より専用ページをご覧ください。お問合せも専用ページよりお気軽にご連絡ください。
店舗情報

海人商店はこちらです!
沖縄県那覇市港町2-2-2
TEL : 098-860-7773(9:00-18:00)

オーバーホールセンター
スポンサーリンク
海人商店をフォローする
海人商店ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました