各種ホースの定期交換について

最低でも1年に1回は危険兆候がホースに現れていないか慎重に確認する必要があります。
下の写真は破裂寸前の高圧ホースです。

シーサーオーバーホールセンターでお預かりした器材は慎重に確認して
危険兆候が現れているホースは交換を推奨しております。

🔸各種ホースの危険兆候🔸
・継続的なエア漏れがある
・ホース表面にひびわれ、亀裂が見られる
・内部補強材が露出している
・かしめ金属部にクラックが見られる
・加圧時に膨らみが見られる
・ネジ部分の消耗が見られる

🔸外観で判断できないダメージの例🔸
・中古で購入した器材は過去にどのような負荷がホースにかかったか判断できません
・車にひかれた、タンクが倒れて下敷きになったなど極端な負荷がかかった場合でも
ホース表面に傷がなくエア漏れがない場合、外観からは判断できません
極端な負荷がかかった可能性がある場合は自己申告が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました