おススメ ダイブコンピューター~Calm plus~

こんにちは!平林です。

今回はダイブコンピューターを紹介したいと思います。

AQUALUNG Calm plus(アクアラング カルムプラス)

ソーラー騒動のダイブコンピューターです。

こんな人におススメです↓

腕に付けていても違和感がなくコンパクトなタイプがいい人

バッテリー交換による購入後の費用を抑えたい人

ログ付け面倒だけどデーターは残したい人

スポンサーリンク

Calm Plusの仕様

サイズ:58.9×52.4mm

厚さ:約14.3mm

重量:75g

最大記録本数:30本

バッテリー寿命:ソーラー充電式

デジタルコンパス:〇

Bluetooth:〇

iso/Android用アプリ:〇

ついついダイビングが楽しくなる独自の“アニバーサリー機能”搭載され、特定の記憶ログ本数到達時にお祝い表示をしてくれるサービス付き!

ざっくりこんな感じです。

スポンサーリンク

Calm plusのおススメポイント

①ソーラー充電式

電池交換の手間やコストがかからないのが一番の魅力ではないでしょうか!

通常のダイブコンピューター なら⇒2年(約50ダイブ)に一度のバッテリー交換が必要 になり、2週間ほどの納期&費用は¥5,000~💦

購入後も電池交換するたびに費用がかかってしまうのです。。。

そのコストがソーラー充電式なので不要に!

充電のためにケーブルだしてつなぐ必要なし!

明るいところに置いておくだけや天気のいい日に腕に付けておくだけでも充電できるので面倒くさがりな人にももってこい!

②Bluetooth Smart搭載

無料専用アプリ『ダイバーLOG』をダウンロードし、ログデータを転送することで日付、エントリー/エキジット時間、最大水深、平均水深、再深水温を確認できます!

わざわざ書かなくていいなんて楽ちん!!

ダイビングポイントの位置情報や画像、各種追加情報も手入力が可能なのでどこで潜ったかも記録ができます。

また、コンピューター本体の設定もアプリからできるので、本当にボタンを押さずに簡単に設定変更もできるので難しいボタンでの設定が不要!

スポンサーリンク

ダイビング中の使い勝手は??!

ダイビング中の表示はこんな感じでした↓

※写真はCalm使用(Calm plusも表示は同じです)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

潜水時間、水深、無限圧潜水時間(その水深でいられる最大の時間)をシンプルに表示

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6mより浅くなると右上でカウントダウンの開始!

水面休息時間は右上に表示してくれるのでわざわざボタンを押して確認する必要はないのでこれもうれしいポイント!

こんな感じ↓

腕に付けた時のサイズ感はこんな感じ↓

水中での表示はとってもシンプルだなと感じました。

ただ、モニター自体が小さいので目が悪い人や老眼が入っている方は見えにくいかもしれません。

そんな方は、カラー液晶で大き目サイズのダイブコンピューター”ペレグリン”がおススメ!

このコンピューターは本当に見やすく使い方もシンプルなのでおススメ!

※ソーラー充電ではありません。

ペレグリンはこちら↓

【シアウォーター】Peregrin(ペレグリン)
大きな画面で簡単操作!カラー液晶ダイコン

総評

Calm plusの魅力はソーラーとBluetooth、ちょうどいいサイズ感!

カラーも豊富なので好みの色やほかの人と違いを出すのにもいいです!

シンプルな表示で、ソーラー&Bluetoothで携帯にログデータを転送して管理したい人にはおススメです!

ダイビング中もを押さなくても水面休息時間を確認できるし、ログも携帯にデータを飛ばせはいいのでコンピューター自体のボタンを押す必要がなく1日のダイビングが完結します!

そんなシンプルダイビングをしたい方にCalm plus

2021年10月31日まで海人商店店頭でCalm plusセール中!!

店頭にてお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました