マクロでもワイドでも優れた写真が撮れちゃう!?【Z-330】

こんにちは!那覇店の中満です(*^^*)

今回ご紹介するのはストロボ【z-330】です。

とうとう私もカメラ周辺機器のブログを書く時がきました(;´・ω・)

『カメラ単体でも写真は撮れるから・・・』

といった理由で今までカメラ機器+周辺のアイテムに興味がありませんでした(~_~;)

今回は、平林さんの教えをもとに色々お伝えできたらなと思います(/・ω・)/

こちらZ-330です!

Z‐330のおススメポイント!

★Z-330は大光量!(GN33)かつ光の当たる範囲が広いのでワイド撮影時に抜群のストロボ!

さらに光量に比べリサイクルタイム(次の発光が可能になるまでのチャージにかかる時間)が短い!

★マクロ撮影の際は設定をする必要はあるが、被写体とストロボがずれても照射角度がひろいので綺麗な写真が問題なく撮れる!

まず、私が疑問に思うことはなぜストロボをつけるのか?

ということです・・・(笑)

1番の理由水中で吸収されてしまった本来の色を再現する為

確かに水中で写真を撮ると赤色が青っぽくなって『青かぶり』しちゃいますよね・・・

生物を撮るんだったら本来の色を写したいと思うのが普通だと思います(;´Д`)

この写真はz-330を使って撮ってもらった写真です。

先ほど言った『青かぶり』を感じさせない1枚になりますね!

ワイド撮影では光量が高く照射角度が広いz‐330はムラのない写真が撮れやすくなります!

あと、おススメポイントにもあったようにリサイクルタイムが短いのでシャッターチャンスを逃しにくくなります(*^〇^*)

シンプルなデザインですね!

レンズ部分がドーム型になっているので傷つかないように要チェックです

INONホームページより

マナティーの写真はINONのホームページより拝借致しました(#^^#)

こちらの1枚z‐330で撮った1枚のようです!

INONz‐330のページはこちら

少しはz‐330の良さをお伝えできたでしょうか?(*ノωノ)

では!また次回お会いしましょう(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました