Leader Finsの選び方

こんにちは!平林です。

最近はスキンダイビングも人気がありますよね!

ダイビングで使用するフィンより長いフィンを使用して潜っているのを見かけたりSNSの投稿で見たことがある方も多いのではないでしょうか?!

色々なメーカーからスキンダイビング用のロングフィンが出ていますがシーサーで取り扱っている”Leader Fins”の紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

”Leader Fins”とは

ヨーロッパを代表とするメーカーでスキンダイビング、フリーダイビング用の長いフィンです。

とても長いのでダイビングに使用するには向きませんがひとかきで進む推進力が大きいく軽量でスキンダイビングする方から近年とーーーーっても人気のフィンです。

フィンが長い分、足が長くきれいに見えるので写真映えもバッチリ!!

スキンダイビングを始めてみたい方にも手を出しやすいのも魅力です。

スポンサーリンク

フィンの長さはどんな感じ?

リーダーフィンのスタンダードの長さは80cmです。

ダイビングで人気のバラクーダとスーパーミューと比べてみました。

上級者に大人気のバラクーダと比べても長い!!

※比較写真はバラクーダLサイズ

多くのダイバー愛用スーパーミューと比較

※スーパーミューMサイズ

ダイビング用のフィンとしてはバラクーダは長いフィンですがそれよりも長い・・・

ダイビングで使用するには取り回しが難しそうですね💦

スポンサーリンク

リーダーフィンの選び方

では実際にどのようにして選んでいくのでしょうか??!

ここはダイビングフィンとは違う点が多いのです。

ダイング用のフィンの場合、足のサイズに合わせて決めるだけだと思いますがリーダーフィンの場合は以下を組み合わせて1つのフィンになり、完全オリジナル!

全てオーダーになるので手に入るまでが少し時間を要するので使用予定がある方は購入する際はその辺も気を付けたいポイントです。

選ぶステップは以下です。

・足を入れるフィットポケットのサイズを決める。

・ブレードの素材を決める

・ブレードの固さを決める

・ブレードの柄を決める

足を入れるフィットポケットのサイズを決める。

フットポケットのサイズ表が以下です。

この中から自分のサイズをまず選びます。

ブーツ使用する予定の場合はそこを考慮して選ぶ必要があります。

ソックスを使用の場合「1サイズアップ」、ミューブーツ使用の場合「2サイズアップ」を目安にご参考ください。

こんな感じで、フィンのブレード部分とポケットはセパレートになっているのです。

【素足?? ??ブーツ??】

リーダーフィンを使用するにあたって素足?

それともブーツを使用したほうがいいのか・・・

それはどこで使用する想定でいるのかで決まります。

もし、ビーチからエントリーしての使用を考えているのであればブーツをはいたほうがいいです。

ボートのみであれば素足でもいいですし、フィンずれ防止のためにソックスを履くのもOK!!

ブーツの場合はミューブーツのショートタイプがおススメ!

②ブレードの素材を決める

■ファイバーグラス製

耐久性が高く、一番お手頃なため、初めてロングフィンの購入を検討されている方におすすめです。

ブレードの素材が強度の高いファイバーグラスでできてるので劣化や割れなどに強いブレード飛行機や船などにも利用されている素材で、高い強度と劣化しにくいのにさらに軽い!

気軽に楽しく優雅に水中を楽しみたい方におすすめです。


■ピュアカーボン製

とても優れた素材といわれており、ワンランク上を目指したい方におすすめ。

グラスファイバー製よりも、軽量でありながら強い反発力があり、フリーダイビングなどエアーの消費量をおさえたい競技にも向いています。

ただ、あやまって踏んでしまったり、とがったものなどへの接触には注意。

より深く、長く潜りたい!と思う方や、せっかくのロングフィンだからいいものを!という方におすすめです。

ダイビングで使用するフィンの素材は基本的にはゴム素材です。

ダイビングでは浮力に負けないように少し重めの素材が一般的ですがそれと比較するとリーダーフィンの素材は軽量です。

またゴムに比べ柔らかく、フィンキックした際のしなりがすごい!

これも写真がきれいに映るポイントの一つ。

③ブレードの固さを決める

フィンには硬さの違いがあります。

Soft、Medium、Hardの種類があります。

柔らかい場合、脚力がなくてもフィンキックはしやすくしなやかに動きます。

固くなるにつれ脚力が必要となりますが速く泳ぐことができます。

シーサーでは入門編として、また多くの人に使いやすいSoftのみを取り扱っています。

Mediumですら脚力に自信のある男性向き。

自分の脚力に合わないものを使用してしまうとそれだけでパワーを使ってしまい、息の持ち具合にも影響ができてしまいます。。。

まずはSoftから使用してみてください。

④ブレードの柄を決める。

ファイバーグラス、ピュアカーボンそれぞれいろいろなデザインがあります。

自分のスタイル、好みに合ったものを選ぶだけでワクワク、テンションも上がりますよね!

【ファイバークラス】

【ピュアカーボン】

ダイビングに比べてお手軽に始められるスキンダイビング!

まだまだ人気は続きそうです!(^^)!

深く潜るのを楽しんでもいいですし、スキンならではの写真撮影を極めて楽しむのもいいですよね。

少しでも参考になったら嬉しです。

通販でのお買い物はこちらから↓

スキン・フリーダイビング
スキン・フリーダイビング

店頭でのお買い物、ご相談もお待ちしております。

店舗情報

海人商店はこちらです!
沖縄県那覇市港町2-2-2
TEL : 098-860-7773(9:00-18:00)

おすすめ器材
スポンサーリンク
海人商店をフォローする
海人商店ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました