シーズンごとのスーツ紹介 ~沖縄編~

こんにちは!平林です。

沖縄といえどやっぱり四季がありその時期によってダイビングの適合スーツは違います。

今回は沖縄の海の月ごとの適合スーツを紹介したいと思います。

沖縄本島シーズナリティ

沖縄本島と石垣など八重山諸島では若干違うので今回は沖縄本島のシーズナリティをご紹介します。

【1~3月】

平均水温21℃

スーツ:ドライスーツもしくは6.5㎜ツーピースがおススメ!

SeapeopleとWorldDiveのコラボのドライスーツ↓

【コラボ】ドライスーツ(セミオーダー) シーサー海人商店
【送料無料】ワールドダイブ社製ドライスーツ 主要部分はオーダーメイド。満足度十分なドライスーツ!

透明度も高く、ウミウシの種類が豊富な時期です。

沖縄の冬の風物詩ザトウクジラが繁殖活動、出産、子育てのために沖縄近海にやってきます。

春先はコブシメの繁殖、産卵の時期なので遭遇率が高いです。

1、2月は北風が強く吹くこともあるのでボートコートがあるとよりいいです!

3月は気温が上昇してくる季節です。

水温は上がらないものの陸上は暖かい日も多く過ごしやすいです。


【4、5月】

平均水温22-23℃

スーツ:5㎜ワンピース+フードベストなどインナー

真冬に比べて少し水温は上がるもののまだまだ水中は冷たさを感じる季節です。

なので5㎜+フードベストなどインナーがあるといいですね!

5月は粟国島のギンガメアジのトルネードのシーズン到来です。

毎年、キンガメアジのトルネードを楽しみにしている方も多いです!


【6月】

平均水温:26℃

スーツ:5mmワンピースがおススメ!

例年6月後半が梅雨明け。

梅雨が明けると一気に夏模様になって水温も上昇します。上昇するまでは5㎜ワンピースがおススメです。

Seapeople5㎜ウェットスーツ↓

5mmウェットスーツ
5mmウェットスーツ

SeapeopleとWorldDiveコラボスーツもおススメ↓

【WDコラボ】オーダーウェットスーツ ワンピース 5mm WJ
ワールドダイブとコラボした当店だけのオリジナルモデル! フルオーダーだから自分の体にピッタリのサイズで作れます!

【7~9月】

平均水温:27-28℃

スーツ:3mmワンピース


とうとう夏本番!水温も上がりきって快適に潜れます。

3㎜ワンピースで十分!

Seapeople3㎜スーツ↓

【SEAPEOPLE】メンズ 3mmスーパーストレッチワンピース
ウェットスーツの着替えのストレスを少しでも解消したい、そんな想いで誕生したウェットスーツ。やわらかく伸縮性の高い「ウルトラスパン」が、ウェットスーツの着替えのストレスを軽減。本当に「おどろくほど着やすいウェットスーツ」。

5㎜しか持っていない方はそれでももちろん大丈夫です!


【10ー11月】

平均水温:25-26℃

スーツ:5mmワンピース+フードベストなどインナー

真夏に比べて少し水温が下がってくる季節。

10月後半からは5mmワンピース+α(フードベスト等)があると安心です。

フードベストもいいですが1㎜の激薄インナー”エアースキン”もおススメ!

1㎜とは思えない暖かさです!(^^)!↓

【エアースキン】ブラックメタリックス ロングラッシュガード メンズ(S-LLサイズ)
とにかく薄い!軽い!温かい!激薄インナー

10月は例年、ケラマの海でマンタの遭遇率が高い時期です。

マンタ狙いなら10月がおススメ!

気温が下がってきてダイビング終わった後、船上で寒くなりやすいのでボートコートがあるといいです!

【12月】

平均水温:23℃

スーツ:ドライスーツもしくは6.5㎜ツーピースがおススメ!

水温もがくんと下がってくるのでダイビングスーツも冬支度をする季節です。

風が強く吹くことも多いのでボートコートもあるといいです!

洋服と同じで水中も水温の変化とともに厚手をしたり、薄手にしたりすることが必要です。

水温に合ったスーツを着ることで快適に楽しいダイビングにつながるのでとっても大切なアイテムです!

各アイテム、通販でもお買い物可能です↓

【シーサー海人商店】ダイビング器材、ウェットスーツの通販
ウェットスーツ、ダイビング器材、マリングッズの専門店。「おどろくほど着やすい」でおなじみのオリジナルブランド「シーピープル」ウェットスーツ販売中。シュノーケリング用品など取扱あり。お気軽にご相談ください。

店頭でのお買い物ご相談もお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました